​「デザインはみんなもの」に込めた想い

もっと日常会話でみんなでデザインの話ができればいいのに。
そんなシンプルな話です。でも、果てしなく遠く感じる話です。

僕は一度社会人をしました。最初からデザインの仕事をしてきたわけじゃありません。でも20年以上デザインの仕事をしてきて、すっかり目に見えるものすべてのデザインを考えてしまうようになりました。

でも、Windowsのパソコンを使っているし、景品でもらったマグカップをずっと使っているし、同じ服をずっと着ている。僕が言えた義理じゃないのですが、もっとデザインの話をしたい。もっとみんなとデザインの話をしたいという思いは日に日に強くなっていきました。

​面倒くさいことを言いますが、デザイン仲間としたいわけじゃないんです。みんなとしたいんです。デザインを特別なものにしたくないんです。

彼女のラップトップで
 
ブランド封筒

​きれいな街にならないかな?

だれもが利用できるために

このスペースにサイトのアクセシビリティに関する情報を入力しましょう。サイトへのアクセスに関して問題が発生した際にサイト訪問者が問い合わせられるよう、電話番号やメールアドレスなど連絡先を含めることをおすすめします。誰もが負担なく利用しやすいサイトを提供することは、企業の社会的責任の観点でもビジネスの観点でも欠かせない要素となっています。

お問い合わせ